刑事事件における逮捕の手続きについて

逮捕の種類

逮捕

逮捕とは、刑事事件の手続きで、罪を犯したと疑われている人を被疑者として身柄を拘束する強制処分のことです。
手続きの種類として、通常、緊急、現行犯の3つがあります。
通常の場合、あらかじめ裁判官が発付した令状を被疑者に見せて、疑われている犯罪の内容と拘束される理由を告げてから行われます。
緊急は、刑期が3年以上の重い罪を犯したと疑われる場合で、緊急性が高く令状の発付を求める時間がないときに、先に逮捕してしまうことです。令状は後から裁判官に発付を求めます。これらは、令状の発付が前か後かの違いはありますが、どちらも裁判官による令状の発付が必要手続きとなります。
これは、身体拘束という捜査機関による手続きが、被疑者の身体の自由に対する大きな制約となるためです。不当な手続きによる人権侵害がないよう、裁判官による慎重な判断を必要としています。
現行犯の場合は、令状の発付は必要ありません。目前で犯罪を行っている者を発見した場合、被疑者と犯罪の結び付きが明らかで誤認の恐れはなく、機会を逃してしまうと今後いつ捕まえられるかわからないという緊急性があるためです。この場合、私人であってもその場で取り押さえることが可能です。

現行犯以外の流れ

現行犯以外は、通常、警察官か検察官によって行われますが、警察官の場合には、原則、48時間以内に被疑者を釈放するか検察に送検するか判断することになります。
送検した場合は、検察官は被疑者の身柄を受け取ってから24時間以内、かつ、逮捕時から72時間以内に被疑者の身柄を留め置くための勾留請求をしない限りは、被疑者を釈放しなければなりません。また、検察官の場合であっても、原則として48時間以内に勾留請求しない限りは、被疑者を釈放しなければなりません。