刑事事件の拘留期間の長さはどれくらい

刑事事件の流れと拘留期間

拘留、籠

刑事事件を起こした場合、逮捕→送検→拘留→起訴→裁判→刑の実行というような流れで行われるのですが、逮捕から起訴までにかかる期間はどれくらいなのでしょうか。
まず、逮捕に関してはその場で犯罪行為を行っていた場合にできる現行犯逮捕、裁判所による許可が下りないとできない通常逮捕、緊急に犯人を逮捕しないといけない状況である場合に裁判所の許可なくできる緊急逮捕があります。これらの条件を満たし、逮捕に至った場合、逮捕から48時間以内に警察から検察へ送検し、送検が終わってからさらに24時間以内に被疑者を拘束し、事件の捜査を行わなくてはなりません。
これを拘留といいます。拘留期間は基本的には10日間ですが、被疑者が犯罪を行っていることが確定している場合などによっては、最高20日間に延長されることがあります。

略式起訴か裁判か

このように被疑者の身柄を拘束する期間が定められているのは、被疑者の人権における身体の自由に反しているためです。そしてこの期間の間に無罪が証明されると、釈放となります。
ですが、被疑者が犯罪を行っていることが確定している場合は基本的に起訴となります。起訴になった場合、初犯である、軽犯罪であるなどと言った場合は裁判を行わず、略式起訴によって書類のみで被疑者に刑を伝えるだけで終わるということもあります。これに関しては罰金・科料が100万円以下の簡易裁判所の取り扱いになる犯罪にのみ適用されます。
ですが、そうならずに裁判となった場合、法廷で刑の重さを争うこととなります。ここでは事件に関する証拠品や、被告人・被疑者・検察の供述をもとに事件の解明、事実や被告人と被害者の供述の違いなどを確認し、それらを基に被告人の刑を決定します。