刑事事件と飲酒運転の関連性についての説明

飲酒運転は刑事事件になる

交通事故、賠償

車の運転によって事故を起こしてしまった場合には、通常であれば被害者に対する損害賠償や治療費を支払うことで決着が付くことが多いです。
しかしそれがただの事故ではなく、飲酒運転によるものであった時は刑事事件になってしまうことがあります。

飲酒運転をした状態で事件を起こしてしまうと、加害者に対して大きな罪が科せられることになります。主に過失運転致死傷罪という罪名を科せられることが多く、数ある刑の中でも比較的重いのが特徴です。
最高で懲役10年から20年になってしまうため、それほど刑事事件の中でも重い判決が下されることが多いです。酒気帯び運転と呼ばれていることもありますが、加害者の飲酒状態によっても刑期が大きく変化することが多いです。
一般的に呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールが検出されると、酒気帯び運転と認定されます。またそれ以上にアルコールの影響で正常な運転が困難と判断されると、酒酔い運転となってしまいます。こうなるとより刑期が重くなってしまうため、仮に加害者になってしまった場合には注意が必要となります。

示談と賠償

さらに飲酒運転による事故の危険性が注目されていることから、警察でも対処についてより厳しくなっている傾向があります。そのため事件を起こしてしまった場合においては、その場で警察に逮捕されてしまうケースも珍しくないです。
酒気帯び運転によって刑事告訴された場合においては、比較的長い刑期を科せられることが多くなっています。なので一般的には示談交渉が利用されることが多く、被害状況に応じて賠償をしていくのが基本となっています。ですが基本的に車を購入する時に保険に加入することが多いため、保険会社から保険金が代わりに支払われていく流れとなります。